Press Release

2020

“痴漢レーダー”でわかった、悪質すぎる手口と被害が多い駅・増えるタイミング

緊急事態宣言の解除から1か月が過ぎた。出社再開の動きは加速し、通勤ラッシュが復活している。そこでの問題は“3密”だけに限らない。

《駅に着いてドアが開いた直後に胸を掴まれました》

《股間をお尻に擦り付けてくる。離れようとしても近づいてくる》

 痴漢を匿名で「通報」できるスマートフォン向けアプリ『Radar-z(旧・痴漢レーダー)』には、駅や電車内で発生した、さまざまな被害のレポートが寄せられている。

週刊女性PRIME

痴漢防止アプリで避難所を性暴力から守る!

避難所での性暴力は現実の問題です。加害者が悪いことは当然にもかかわらず、被害を訴えることができない被害者も少なくありません。そこでアプリを使った新しい避難所運営を提案します。

リスク対策.com

被害を可視化「痴漢レーダー」アプリに注目 開発者に現状を聞いてみた

元TBSアナウンサーの小島慶子さん(47)が、加害状況を可視化できるとした「痴漢レーダー」アプリをツイッターで紹介し、話題になっている。

痴漢を巡っては、被害者にも問題があるとする意見などが一部であり、現在でも被害を訴えにくい状況があるという。アプリの開発企業に話を聞いた。

J-CASTニュース

「痴漢レーダー」で見えた、宣言解除で“急増”の兆し 子ども狙う犯罪にも警鐘

6月から通勤・通学の景色が戻ってきた。SNSでは「通勤ラッシュ」「満員電車」の報告が見られる。3密による感染リスクが心配されるが、痴漢の活動再開も懸念されている。 痴漢の動きを可視化するサービスを分析すると、新型コロナによる活動自粛の影響で、やはり痴漢などの迷惑行為も抑制されていたようだ。サービス開発者は「緊急事態宣言の解除によって、痴漢急増の兆しが見える」と警鐘を鳴らす

弁護士ドットコム

未来スイッチ「痴漢 マジやめて」

被害者の9割が泣き寝入り、目撃者の約半数が見て見ぬふりをしてしまうのが卑劣な犯罪「痴漢」。海外でも日本への渡航情報に痴漢への注意喚起が掲載されるなど、深刻な問題となっている。

NHK

痴漢レーダーは“平和な日本”の見えざる問題をあぶり出す。イノベーションの始まりは「身近な課題の解決」

痴漢、盗撮、付きまとい、露出、ぶつかり……。 こうした迷惑行為の発生情報をワンクリックで共有できるアプリ『痴漢レーダー』が、2019年8月のリリース以来、大きな話題を呼んでいる。

エンジニアType

公開「痴漢発生駅ランキング」、意外な1位は?

鉄道会社の側でも女性専用車両の導入、防犯カメラの車内設置といった対策を講じているが、どれも決定打とは言いがたい。 そんな中、痴漢被害を「見える化」する無料のスマホアプリが登場した。その名は「痴漢レーダー」。

東洋経済ON LINE

「センター試験痴漢」遅刻できない受験生を狙う卑劣犯罪の実態

今年で最後となる大学入試センター試験が1月18日、19日に実施された。時を同じくしてネット上の匿名掲示板では、、、

FRIDAY デジタル

痴漢データは情報量がカギ。目指すはユーザー100万人 (下)すべてが手探りの船出。女性が声を上げる社会的な流れを追い風に普及を図る

事業成功のカギを握るのは、ユーザーから寄せられる、被害や目撃情報の多さ。そのためには、2020年の年末までにユーザーを「100万人」獲得したいといいます。それは、決して荒唐無稽な夢物語ではありません。

日経ARIA

データが浮き彫りに!知られざる痴漢被害の実態

番組内インタビュー紹介

NHK クローズアップ現代+

|